読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のすけのブログ

松下甚之介のブログ。心を折らず、継続、継続。

フルコミへの道-part1-

 

f:id:drpepper0141:20170311032903p:plain

 

大学の4年になって就活生の時、大手企業に働いている人を見て全く憧れなかった。

企業の看板に身を委ねている大人に憧れなかった。

 

そこから、自分自身で、小さな会社を大きくしていくベンチャー志向に目覚め、とにかく社長のかっこいいベンチャー企業を探して、渋谷にあるITベンチャーに飛び込んだ。

それが、2015年の4月。

 

そこから、13ヶ月間。

「新規事業の立ち上げをしてみろ。」と、チャンスを与えられて自分なりにワクワクしながら、web広告の営業にチャレンジするものの、

毎月の売り上げが、一番いい時で16万円の売上しか作れなかった。

 

給料は額面で20万円毎月貰っていた。

ひとり暮らしをして、決して余裕はなかったが、それでも生活に困ることはなかった。

 

全然稼げていないのに、毎月給料は出た。

 

会議が嫌いだった。明らかに成果が出ていないし、どうやったら成果が上がるかも全く分からなかった。

事業の立ち上げも、営業も、マーケティングも、webの知識も何にもなかった。

 

学生時代に一発当てて、思いっきり稼ぐという未来予想図も崩れ、自信も何もなくなっていた。

小さな会社で、研修制度も特に確率されていなかったため、毎日googleで仕事を覚えた。

 

セミナーにも行ける範囲で行った。

ネットワークビジネスにも出会って、正直、何を信じていいのか分からなくなっていた。

 

そんな時に、facebookに流れている、「モノポリーを通して、ビジネスを学ぶ(だったかな)セミナー」という広告を見つける。

よくわからないけど、とにかくビジネスの勉強をしたくて、藁にもすがる思いでそのセミナーの予約を取った。

 

そこで、出会ったのが通称OBさん。モノポリーでボコボコにされ、そのセミナーで学んだのは、

「勝ち方を知っているかしらないか、でビジネスは決まる」ということ。

正直、そのセミナーが終わった後、

 

「そんなことはわかってっから、勝ち方を手っ取り早く教えてくれないかな」って思った。

 

後日のそのOBさんと、1対1でアポをして、

「君みたいに若くて、やる気のある人間は貴重だ。これからも、いいセミナーがあったら紹介してあげるよ」

そう言われて、「あ、またいずれ何か怪しいビジネスに巻き込まれるんじゃなかな」って思った。

けど、なぜか、そのOBさんの紹介するセミナーに行くことになった。

とりあえず、何事も経験だし、とりあえず行ってみようと、あまり期待しすぎずに当時のLight&Hopeのセミナーに行くことになったのだ。

 

次回に続く。